楽団の紹介と歴史

Ensemble Copain

アンサンブル・コパンは、「1つのパンをも分け合う家庭的な雰囲気」をモットーに、1985年から兵庫県で活動するアマチュア弦楽合奏団です。バロックからポップス・映画音楽まで幅広いジャンルをレパートリーに、音楽監督の北山隆のもとメンバー渾身の演奏をお届けします。

現在、年齢(20代から80代まで)、居住地、職業、演奏経験などがさまざまなメンバーが所属しています。また、指揮者、ソリスト、作・編曲者をメンバーに抱えており、コパンの雰囲気や演奏形態にフィットした作品に取り組むことができるほか、常に本番の指揮者、ソリストとともに切磋琢磨できることが大きな特徴です。

■代表 山本晃
■音楽監督 北山隆
■指揮 山口勝幸
■コンサートマスター 田畑裕哉・川村真也

《合同練習》
月1回の日曜日 10:00〜13:00
サロン・ド・パン(阪急芦屋川駅近く)
演奏会準備のため上記に加え、強化練習を行います。

数字で見るアンサンブル・コパン

アンサンブル・コパンにまつわる“数字”を考えました。こちらをご覧ください。

楽団の歴史・演奏の記録

1985年10月、「一つのパンをも分け合おう」を合言葉に結成したアンサンブル・コパン。30年を超える活動の歴史はこちらをご覧ください。