11月19日 練習報告 その1

ensemble.copain on 2017年11月22日

こんにちは、田畑です。

街はだんだんとクリスマス仕様になり、急に寒くなりましたね。
いよいよこの練習を終えると、残すは本番当日のみ。
サロン・ド・パンでの1日練習でした。

気合いが入った練習になるかと思いきや、
和気あいあいとした雰囲気は変わらず。
とはいえ、本番直前になり加速度的にまとまりを見せるのが、
コパンの特長でもあり、短所でもあります。
(もっと早い時期から加速度的にまとまりを見せたいのですが、なかなか。。。)

この日は常任指揮者の山口さん(数学教師)は学校での部活動行事のため、
すべて、わたくし田畑が代振りを務めました。
午前中は前半プログラム、
バロック協奏曲のおさらい。

いつも写真を撮ってくれるキョンさん(ピアノ)も演奏中で、
私も指揮をしていたもんで、写真は無し。
ただ、ソリストのやりたいこと、tuttiの現状から改善できることとのバランスを考慮して、
ある程度、最終形が見えました。

午後、
IMG_4624
IMG_4617
IMG_4612

やはり、時間をかけてじっくり取り組んだのは
私が指揮を担当する、パリー/イギリス組曲。

この曲は「組曲」とはいえ、さまざまな雰囲気の曲が混在しており、
それぞれの曲の特徴を確実に捉え、それをこれでもかと言うくらいにアピールしながら演奏しないと、
まったく面白味が伝わりません。

実のところ、12日まで、今年のコパンが演奏するイギリス組曲は
まったく面白くありませんでした。
前で立っている私は(演奏メンバーに申し訳無いですが、)イライラ。。。
しかし、この日、とても表情豊かに生まれ変わりました。
当たり前のことですが、演奏の分析と伝達と共感に時間をかけることが必要なのだと。
これは聴いていただく価値があります!
パリーが聴いていたら多少は喜んでくれると思います。きっと。

11/23演奏会入場整理券のご応募はまだ、直前まで受け付けます!
こちらから、ぜひ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です