ベビー歓迎宣言!

ensemble.copain on 2016年11月12日

こんにちは、ヴァイオリンパート・田畑です。
うちには2歳になるかわいい息子がおります。親バカですが。

わが家は、こども中心の生活になっていますが、やはりそうなると、
見に来てくださる友人ファミリーも小さなこども連れの方が多くなってきました。
とはいえ、小さいこどもを連れて外に出ることすら気を遣うのに、
演奏会なんて…と躊躇される方が少なくありません。

そこで、12/11 アンサンブル・コパン第29回定期演奏会では、
ホール常設の母子室に加え、2階席(客席内1・2階仕切り壁から後ろ)を
「ファミリーゾーン」にします!
多少ぐずっても、少し声が出てしまっても、
来場のみなさま・出演者スタッフ含め、「みんなで大目に見ましょうよ」という席です。
お子さまのコンサートデビューも歓迎です。

そのうえでの約束事として、
●ファミリーゾーンとはいえ好き勝手に叫んでいいわけではありません
●ファミリーゾーンとはいえ好き放題走り回らせていいわけでもありません
●お子さまが泣き出した際には2階席後方扉から一時退出をお願いします
(ロビーでもスピーカー越しですがステージから演奏をお届けしています)
ということを確認しておきたいと思います。

当然、静かに音楽に耳を傾けたい、没頭したいと思ってくださる方も
たくさんいらっしゃいます。ありがたい限りです。
どうぞ、遠慮なさらず1階席の前のほうの席にお越しくだるようお願いします。
(前の方が空いていると、演奏側としては淋しいものがあるという理由もあります。)
それでもたまに聞こえる「声」が気になる場合には、
この国の未来のため、少しだけ許してください。
そして、やはり「こどもの声が気になった」とアンケートで私どもに伝えてください。
来年以降、より良くできそうな策を考えます。

楽団としては、
しっかりと音楽に集中したい方にも、お子さまに音楽を聴かせたいと思っておられるファミリーにも、
さまざまな期待や想いをもって来られるどの方にも、
楽しんでいただけることを心より願っています。
そして、
演奏の「質」によって、お子さまたちの機嫌が悪くならないよう、
本番までしっかりと精進いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です