2016/11/6 合同練習 (その2)

ensemble.copain on 2016年11月8日

午後からは管楽器を加えての合奏が行なわれました。

◆◆◆◆◆

前半は、フルート・オーボエ・ファゴット・ホルンの方をお迎えして、ピアコン。

午前練習に続き、1楽章のテンポバトルは続きます。

ピアニスト「もちょっとだけ速くして♡(♩=130)」

指揮者「でも、先生はゆっくりがいいんだけど♡(♩=116)」

ピアニスト「ぶーぶー(`・ω・´)(♩=130)」

…ということで、第二次テンポバトルはピアニストの勝利にて、
気持ちよく演奏させていただきました(笑)先生ごめんなさい(笑)

みんなが満足いく演奏ができるよう、ソリストもオケもテンポ感も見直さないといけません。

◆◆◆◆◆

2楽章は、ピアノのソロにお試しでいろいろアレンジを加えてみました!

先生がお気に召したようなので、全て採用です。

◆◆◆◆◆

後半は、さらにピッコロ・クラリネット・バストロンボーンの方をお迎えして運命。

まず、全楽章を通しで流したあと、各楽章ごとに細かく見直しを行いました。

f, ff, sf, fp の違いを明確にするよう指示がありました。

小さい音量での発音もしっかりさせたいですね。
まだまだモゴモゴしています。

ボウイングを合わせたはずなのに、いろいろな場面で
異なるパート間での戦争が起こっていました(笑)

ファーストヴァイオリンvsセカンドヴァイオリン、ヴィオラvsチェロなど…

※戦争が起ころうとも、コパンは平和そのものです。
終始和やかなムードで練習を終えることができました。

◆◆◆◆◆

本番までリハーサルは残り4回!

毎回の練習を大切にして、回を重ねるごとに
成長することを目標に頑張りましょう!

素敵な演奏を目指して…♪♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です